タイのマルチプルビザ

2019年11月4日 news

タイのマルチプルビザ

タイのビザは大使館にて取得します。

ビザにはシングルビザ(入国は一回限り)と、マルチプルビザ(期間内の複数の入国が認められます)の2種類が存在します。

現在のところ、マルチプルビザを申請してもなかなか発行されず、シングルビザでの発行となることが多いようです。

タイの観光ビザの期間

観光ビザには60日、90日がありますが、こちらも同様に60日のビザとして発給される場合が多いようです。

タイ国内での延長

上記のビザでタイに入国し、タイ国内で30日間の延長手続きを取ることができます。

タイに長期滞在をできるマルチプルビザ

さらに長期滞在を希望する場合、タイの法律で認められた二つのビザがあります。

リタイアメントビザ

タイには50歳以上の退職者を対象とするリタイアメントビザというビザがあります。

このビザは一定の条件をクリアする人に1年間のビザを発給するというものです。

その条件とは:

  • 年齢が満50歳以上であること、過去にタイへ入国拒否をされたことがなく、日本国籍または日本での永住ビザを持っていること、就労を目的としないことのすべての条件を満たしていること
  • 下記の3項のうちいずれか一つの原本と2通のコピー
    1.タイ国内銀行発行預金残高証明書または日本の銀行の残高証明書
    最新月のもので預金残高が800,000バーツ(約240万円)以上あることが確認できるもの。
    2.年金等証明書 
    年金による収入が月65,000バーツ(約19万5,000円)以上、または年収が800,000バーツ以上であることが確認できる社会保険庁発行の年金証書コピー。
    3.タイ国内銀行預金残高証明書および年金など証明書
    預金残高証明書と年金による年収の合計が800,000バーツ以上と確認できるもの。


タイランドエリートビザ

こちらは、タイに長期滞在やタイへの頻繁な入出国をする外国人のために用意された国家長期滞在プログラムです。
年齢制限や上記のような条件もなく、所定の入会申請書でタイの入国管理局の審査をクリアし、入会金を納めた外国人メンバーでビザを希望する人に発給されるものです。

タイランドエリートの詳細はこちら

タイランドエリートビザは、年齢に関係なくタイに長期の移住、滞在を認める世界でも稀な長期滞在プログラムとして50歳未満の日本人にも大きな反響を読んでいます。

タイランドエリート入会申請書DL

Translate »