タイのビザ

2019年7月21日 news

タイに観光目的で30日以内の滞在であればビザは不要です。しかし、長期滞在となるとビザが必要となります。

タイのビザの種類について解説します。

  • ビザなし観光
  • 観光ビザ
  • 学生ビザ
  • 就労ビザ
  • 結婚ビザ
  • リタイアメントビザ
  • タイランドエリートビザ

ビザなし観光

日本からタイに観光目的で入国する場合、ビザなしで30日間滞在が可能です。
ただし、タイで2014年に制定されたビザラン規制法による規制で、ビザ無し入国をくり返すと、入国審査で「次の入国にはビザを取得してください」と指導される場合があります。
陸路でのビザ無しでの入国の場合は年間2回までとされているようです。飛行機での入国でも入国審査で「次の入国にはビザを取得してください」と指導される例は増えているようです。

ビザ無し入国は30日までですが、手続きを経て30日延長してすることも可能です。

観光ビザ TRビザ

ビザの申請はタイ国外の大使館や領事館で行います。

観光ビザにはシングルとダブルが存在しますが、最近はダブルはほとんど交付されず、シングルがメインとなるようです。
期間は60日、30日の延長が可能です。

学生ビザ EDビザ

タイのタイ語学校やタイの大学に留学する場合などに申請するビザです。
学校側と連絡を取り、書類を準備し、申請します。

就労ビザ Bビザ

タイで会社に働く場合に申請します。
タイの会社で働くには就労ビザとパークパーミット(労働許可証)が必要です。
会社を退職する場合はビザを返上し、1週間以内にタイから出国しなければなりません。

結婚ビザ Oビザ

タイ人と結婚した外国人用のビザです。

申請に必要な書類の例

  • ビザ申請書
  • 申請書貼付用証明写真
  • パスポート原本とコピー
  • タイ国籍配偶者のパスポートコピー
  • タイ国籍配偶者のタイ国籍身分証明書
  • タイ国籍配偶者のタイ住居登録証
  • 結婚証明書
  • 申請者またはタイ国籍配偶者の在職証明書
  • 航空券またはフライト予約確認書

一回の滞在は90日です。

リタイアメントビザ O-A

50歳以上の退職者を対象に創られたもので、一定の条件を満たせば1年間のビザの発給を受けることができます。

  • 申請前の3ヶ月間、80万バーツをタイの銀行に預金してある証明書
  • ビザ取得後も40万バーツ以上を銀行口座に維持すること
  • 1年の年金受給額が80万バーツ以上であること

タイランドエリートビザ Thailand Elite ビザ

その種別にも属さない、ビザで、法律でタイランドエリートメンバーのために創られたビザです。タイランドエリートはタイ国政府観光庁直営の国営企業が運営にあたる国家プログラムです。

有料の会員制ではありますが、ビザの申請に関しての大きな違いは、会員であれば、ビザ申請はCCC(カスタマーコンタクトセンター)への電話、またはEメールでの連絡だけで済むことです。

5年間有効のマルチプルエントリービザです。(10年メンバーは1回、20年メンバーは3回の更新あり)

特徴

  • 年間何回でも入出国可能
  • 毎回入国ごとに1年間の滞在が認められます(延長も可能)

90日レポートもメンバーサポートが代行します。

タイランドエリートビザ
タイランドエリートビザ
パンフレット
パンフレット
0120-818-001
日本国内フリーダイヤル
81-22-264-4666
海外からのご連絡ダイヤル

メールでのお問い合わせ

カテゴリー

Translate »