50歳未満に人気の理由

タイランドエリートのメンバーに多い年齢層は30歳代と40歳代です。

ロングステイ(リタイアメント)ビザ(50歳以上)

50歳以上にはタイ国に1年間滞在できるロングステイ(リタイアメント)ビザという制度があります。
*ロングステイ(リタイアメント)ビザ申請には預金義務の他煩雑な手続きがあります。

タイランドエリートビザ

一方、50歳未満の外国人には、長期滞在のためのビザが存在しません。
60日、90日の短期のビザを繰り返し申請しなければならないことになります。
また、ビザ期間内でも一旦国外に出る際には、リエントリーパーミットを取得しなければならなかったり、観光ビザの場合、長期にわたり繰り返し申請をしていると、不法就労を疑われ申請を却下される場合があります。
タイランドエリートビザはそうした人々がタイでゆったりと生活するのに最適なビザとして熱い注目を浴びています。

タイランドエリートビザは種別としてはSpecial Tourist Visaに該当します。タイで就職することはできません。

ノマドワーカー・投資家に最適

タイは、固定のオフィスを持たずにインターネット環境がと整っていればどこでも仕事ができる人が増えています。そうした人々にとって、暖かい気候と、美味しい食べ物、安くて機能性の高いタイの住環境は魅力です。

長期の居住(最長20年)

タイランドエリートビザは、年齢に関係なく、5年、10年、20年の長期滞在を可能にするビザです。

自由な入出国

タイランドエリートビザ保有者は、リエントリーパーミットなどの面倒な手続きなく何度でも、自由に入出国が可能です。

入国のたびに1年間の滞在

タイランドエリートビザ保有者には、毎回入国のたびに1年間の滞在許可が出ます。通常のビザの場合は90日です。

申請が簡単

タイランドエリートメンバーは、カスタマーコンタクトセンターに電話でビザが必要と伝えるだけで、5営業日後にビザの受け取りができます。
入会時に入管の審査を終了しているので、ビザの申請は電話一本です。

受け取りも簡単

ビザの受け取りも入国時にスワンナプーム国際空港でエリートパーソナルアシスタンントがアシストいたします。

90日レポートも代行

タイに住む全ての外国人には入国後90日ごとに入管への居住場所の届出が必要です。バンコクではチェーンワタナの入管で行いますが、居住する外国人が多いために入管はいつも激混みで、手続きに1日がかりとなることが多いようですが、タイランドエリートメンバーの90日レポートはメンバーサポートが代行いたします。

銀行口座の開設も可能

通常タイでは旅行者は銀行口座の開設はできませんが、タイランドエリートメンバーの場合は、タイ最大の銀行バンコク銀行とカシコン銀行に口座を開設できます。

Translate »