タイ移住ビザ

タイ移住ビザ

タイ移住を希望する人が増えています。

第2の国として、あるいは日本の非居住者となってタイに住む選択をする人が増えています。

タイのビザ

ビザの種類 目的 滞在期間
観光ビザ(TR) 観光 3ヶ月
入国ごとの滞在可能期間: 60日
就労ビザ(B) ビジネス(会議含む)、教師、スポーツ指導、技術関連のパフォーマンスまたは興行、インターンシップ(教育機関のプログラム以外(有償))等を目的とする場合 3ヶ月
入国ごとの滞在期間:90日
教育ビザ(ED) 留学、スタディツアーや視察、プロジェクトやセミナーへの参加、会議や研修会への参加、インターンシップ(教育機関のプログラム(有償/無償)/教育機関のプログラム以外(無償))、  僧侶修行など 3ヶ月
入国ごとの滞在期間:90日
退職者ビザ(O-A) ⇒満50歳以上で、長期的にタイへの滞在を希望する場合
⇒タイ王国の入国禁止者リストに入っていないこと
⇒日本国籍者 もしくは 日本の永住権所有者であること
⇒日本国または国籍を有する国・居住国においてタイの治安を脅かすような犯罪歴がないこと
⇒仏暦2535年の省令に定められる禁止疾患:ハンセン病・結核・麻薬中毒・象皮病・第三期梅毒に  罹患していないこと
⇒タイ王国内において一切の就労活動を行わないこと
⇒タイでの滞在先を決定の上、航空券を予約済みであること
1年マルチプル
入国ごとの滞在日数:90日

タイのビザの種類には主に上記のものがあります。
表に見るようにタイに滞在できる期間は60日、あるいは90日と決して長いものではありません。

かろうじて、満50歳以上の退職者向けの退職者ビザが1年の滞在を可能にしますが、入国ごとのタイ滞在日数は90日までとなっています。

これらのビザを利用してタイに移住するには、申請の手間や入出国の回数などが大きなハードルになることは想像に難くありません。

タイ移住に最適なビザ

タイ移住に最適なビザとして、タイランドエリートビザがあります。

タイランドエリートビザとは

タイランドエリートビザは、2003年にスタートしたタイの国家長期滞在プログラム、タイランドエリートのメンバーに発給されるビザです。

タイランドエリートビザ
タイランドエリートビザ


このビザは、通常大使館で発給されるビザとは全く性質の異なる、外国人のタイ長期滞在を視野に入れて作られたビザです。

外国人が特別にタイに長期滞在できるようにタイの法律で特別に認められたビザなのです。

ビザの種類 目的 滞在期間
タイランドエリートビザ タイでの生活 5年マルチプル
入国ごとの滞在可能期間: 1年
タイに住める期間:5年
10年メンバーは10年、20年メンバーは20年居住可能

タイランドエリートのメンバーシップには5年、10年、20年のものがあり、メンバー期間に応じてビザは更新されますので、最長20年のタイ居住が可能になります。

最長20年のタイ滞在

毎回入国ごとに1年の滞在(滞在延長も可)

何度でも入出国可能

その他の特典

○入出国のサインには国際空港内特別待遇でスムースに

○90日レポートもメンバーサポートが代行

○ビザ申請受け取りも簡単で無料
 メンバーのビザ申請はメールで行えます。

タイ移住はタイランドエリートで

→タイランドエリートご入会プレゼントはこちら

→タイランドエリート・タイプ別メンバーシップ

Translate »