タイ入国審査で入国拒否

2020年5月9日 news

タイ入国審査で入国拒否

タイの入国審査で通常はなんのトラブルもなく入国できるのですが、各種の質問を受けたり、中には入国拒否となる人も増えています。

タイの入国審査での質問は?

タイの国際空港ではどんな質問を受けるのでしょう?
という質問をたまにいただきます。
質問を受けない方も多いのですが、最近の質問で多いのは、訪問の目的を聞かれることでしょう。

「タイに何日ステイしますか?」

「タイで働きますか?」

という質問が多いでしょう。

別室での調査

*ビザなしで頻繁にタイに入国している外国人
*毎回滞在期間が長い外国人
*学生ビザを持っていながらタイ語の話せない外国人
*ビザランの回数の多い外国人

上記のような場合、入国審査官の判断で別室での調査となる場合が多いようです。別室の入国管理局の部屋で担当者から質問を受けることになります。

ここでの質問は、2014年にタイでできた法律、ビザラン規制法に基づいてのものとなることは多いでしょう。ビザラン防止法は外国人が長期滞在してタイ国内で不法に就労したりする行為の抑制のための法律です。

その趣旨に基づいて、タイ国内で不法に就労していないか、どこに宿泊するか、当面の生活のための所持金を持ち合わせているか、などの質問がなされるでしょう。質問の結果、

1 今回の入国は認めるが、次回は正規のビザを取得してください。
2 入国は認められず、入国拒否

このどちらかになるでしょう。

入国拒否の後どうなるの?

入国拒否となると通常は日本へそのまま帰国となります。

タイまで乗ってきた航空会社との交渉で最も早い便での帰国となるでしょう。

入国拒否後の訪タイ

入国拒否された後には、入国拒否となった問題を解消する必要があります。

正規のビザを取得するのが一番ですが、ビザなしでのタイ滞在日数が多い場合は観光ビザの申請も却下されるケースもありえます。

最近は観光でのタイ入国は年間90日までと規定されているようです。

入国拒否後のビザ取得

日本の大使館などで目的に沿ったビザを申請することになります。
ビザを申請する際に、入国拒否の履歴があると申請が難しくなる場合もあるようです。

入国審査官の権限

どの国でも入国審査官には強い権限が与えられています。
口論したり、大声を上げるのは得策ではありません。

カテゴリー

Translate »