タイランドエリートで実現するタイ移住

2019年11月2日 news

タイランドエリートで実現するタイ移住

タイに移住を希望していてもビザの問題で悩んでいる方が多いようです。

通常のビザですと60日、90日のものが多く、移住のためにはビザの手配や入出国を繰り返すなど苦労が絶えないようです。さらに観光ビザの場合、年間滞在日数が180日に到達すると続けてのビザ申請を受理されないという傾向もあるようです。

タイが気に入り、アパートも借りてインターネット回線もひき、タイでの生活基盤も出来上がりつつある時に、居住に必要なビザが出ない、ということで頭を抱える人も多いようです。

移住を可能にするタイランドエリートビザ

タイの国家長期滞在プログラム、タイランドエリートメンバーのメンバーが取得できるタイランドエリートビザは、タイの法律で求められた特別のビザです。

5年間に何度でも入出国が可能

マルチプルエントリーですので、何回でも大人と同じように入出国が可能です。

毎回入国ごとに1年間の滞在許可

何ら手続きを必要とせず、毎回入国するたびに1年間の滞在が許可されます。
1年後に出国できない場合はビザ期限内は滞在の延長も可能です。

リエントリーパーミット不要

出国のたびにリエントリーパーミット(再入国許可証)を取得する必要もありません。

申請が簡単です

タイランドエリートメンバー入会時にはタイの入国管理局の審査に合格しているので、メンバーのビザ申請はタイランドエリートのCCC(カスタマーコンタクトセンター)に電話かメールで要請するだけです。5営業日後には受け取りが可能日なります。

受け取りは空港で入国時に

ビザの受け取り方法は数種類ありますが、最も簡単で人ん気があるのは入国時にスワンナプーム空港で受け取る方法です。

タイの移住手続き

タイに移住する場合どのような手続きが必要でしょうか。

日本の非居住者届け

日本の住民登録の窓口に出向き、海外転出届けを提出します。

海外転出届けを出すと、年金の支払い義務も無くなりますが、任意で加入することもできるようです。

日本大使館への在留届

3ヶ月滞在する場合は日本大使館への在留届が必要です。

タイランドエリート入会申請書DL

Translate »