タイビザ無し入国

2019年11月6日 news

タイビザ無し入国

日本を含む複数の国はタイとの間でビザ無し入国の取り決めを行なっています。

これにより日本人は観光目的で30日までタイに入国できます。

この場合、入国審査で帰国のチケットの提示を求められる場合があります。

タイのビザラン規制法

観光客に人気のタイでは、長期に滞在し不法就労を行い外国人に悩まされてきました。2014年にタイではビザラン規制法が制定され、外国人の繰り返しのビザ無し入国に制限を設けました。

この法律により、ビザ無しで繰り返しタイに入国している外国人は入国審査の際に次回は正規のビザを取得してください、と指導されることが増えてきました。

タイの観光ビザ

タイの観光ビザは、東京にあるタイ国大使館、大阪、福岡にあるタイ国領事館で申請し取得できます。観光ビザは60日と90日があり、初回は60日しか受付されないようです。

また、ビザには3ヶ月シングル(一回のみの入国で60日滞在)と6ヶ月マルチ(60日の滞在、複数回の入国)がありますが、最近はシングルのみが発給されているようです。

Translate »