タイの挨拶 ワイ(合掌)

2019年11月25日 news

タイのワイ(合掌)は有名ですね。
仏教の合掌と似ていますが、厳密には少し違います。
仏教の合唱は手と手をピッタリ合わせますが、タイの挨拶のワイでは、手と手の間にわずかに隙間を作ります。一説には、ふっくらと合わせる手の形がハスの花を表しているのだそうです。

ワイの位置にも微妙な差があります。

1 鼻の前で手を合わせるワイ
これは主として生徒が先生や、目上の人に対して行うワイなのだそうです。
尊敬の念を表しているようです。

2 顎のあたりで手を合わせるワイ
これが最も一般的な位置かと思われます。

3 胸の前で手を合わせるワイ
これは、1の生徒のワイに先生が答えるようなワイです。

ワイの意味を知って、上手に使いましょう。

最近はワイの代わりに握手を好む若いタイ人も多いようですが、ワイをすればワイを返してくれることでしょう。

Translate »