タイのビザ申請

2020年9月4日 news

タイのビザ申請

最近、ビザなし観光での入国回数が多い人や、タイ滞在日数が多い人で、「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導される人が増えてきたようです。

タイのビザは日本ではタイ大使館・領事館で申請します。

タイのビザ申請時の注意

タイのビザ申請はビザごとに必要な申請書類が違います。

申請時に注意が必要な事項があります。

  • ビザ申請は大使館・領事館のサイトから予約をとって出かけてください。
  • ビザ種別によっては、本人申請が原則です。
  • 郵送での申請は不可です。
  • 詐欺・虚偽の申請は永久に申請失格となります。

ビザの期限と滞在日数

ビザの期限は種別ごとに違いますが、60日、90日が多いようです。

50歳以上の退職者用のリタイアメントビザのみが1年間となっているようです。

滞在日数も様々ですが、大体60日か90日です。

ビザの種別によっては、タイ国内で滞在延長の手続きができる場合があります。

また、ビザにはシングルビザとマルチプルビザがありますが、最近はマルチプルビザはなかなか発給されないようです。

シングルビザで、ビザ期限内にタイ国外に出国するとビザは失効します。

ビザ期限が残っていて、同じビザで再度入国したい場合は、出国前に利エントリーパーミット(際入国許可証)を取得します。

メンバー様の声

パンフレット

お問い合わせ

Translate »