タイ移住ビザ

2019年10月9日 news

タイ移住ビザ

タイ移住を希望するノマドワーカーが増えてきました。

日本に非居住者届けを出し、年間183日以上タイに住み、タイの居住者となることを希望なさる方々です。

ノマド天国タイ

タイはノマドワーカーにとても人気の高い国です。

進んだネット環境

インターネット接続料金も安く、街中にWIFIスポットも多く、少なくてもバンコク市内ではとても快適なネット環境です。

安い住宅費

バンコクの中心部でも賃貸は安く、ワンルームの賃貸コンドミニアムでも1万バーツ前後から物件が探せます。しかも、賃貸物件は家具家電付きが一般的ですので引っ越しはいたって簡単です。

少ない賃貸初期費用

賃貸初期費用も敷金・権利金などで膨らむことは少なく、日本と比べるとはるかに少ない費用で賃貸を始められます。

ハイクォリティな賃貸ライフ

多くのコンドミニアムは共有部分が充実していて、プール、ジム付きは普通です。

写真の説明はありません。

コワーキングスペース

街中には低料金で利用できるコワーキングスペースも多く、仕事しやすい環境も整っています。

移住のためのビザ問題

移住の大きな前提となってくるのがビザの問題です。

通常、観光ビザでは60日までの滞在となっており、繰り返し取得しても、実は年間180を超える場合はビザの申請を却下されます。

語学学校などに通学するという名目で留学ビザをとる人もいますが、実はその調査も厳しくなっており、留学ビザを持ちながら入国審査で入国を拒否されるケースも出ています。

スワンナプーム空港入管
スワンナプーム空港入管

最強のビザ タイランドエリート

タイの国家プログラム【タイランドエリート】は長期滞在プログラムという側面も持っています。メンバーには最長20年タイに滞在できるという大きな特典もあります。

タイランドエリートビザ
タイランドエリートビザ

5年マルチプルビザ

タイランドエリートのメンバーには、通常は発行されない5年メルチプルビザが発給されます

○5年、10年、20年の居住を実現します。
  メンバー期間に応じて5年マルチプルビザが更新可能です。

○毎回入国ごとに1年間の滞在許可

○年間何回でも入出国が可能
  再入国のためのリエントリーパーミットは不要です。

○90日レポートもメンバーサポートが代行
  全ての外国人に義務付けられた90日レポートのために入国管理事務所に出向く必要はありません。

入出国時には国際空港で特別待遇

タイの国際空港は混み合うことで有名です。タイランドエリートメンバーには入出国時に特別待遇が用意されます。入国審査ブースもメンバー専用です。

タイランドエリートVIP待遇
タイランドエリート特別待遇
タイランドエリート専用入国審査ブース
Translate »