タイビザ無し入国

2019年8月13日 news

タイビザ無し入国

日本とタイの間には、観光目的のビザ無し入国が認められています。

毎回入国ごとに30日の滞在が認められています。

本来回数制限なく、何度でも入国が認められるはずですが、ある事情でその状況が変わってきました。

ビザラン規制

タイにビザ無しで入国し、30日の滞在期間が終了する前に近隣の国へ出国し再入国を繰り返すことでタイに長期滞在する行為をビザランと呼びます。

このビザランでタイに長期滞在し、不法就労するバックパッカーが増え、タイでは大きな問題のなりました。

この問題を解消するために、2014年にタイでは「ビザラン規制法」が制定されました。

この法律に基づき、入国時にビザランと思しき行為と判断されると入国管理官が「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導します。

年間の入国回数が多い人、近隣諸国への入国履歴がある人、などが対象で、指導の判断基準は公表されておりません。

ビザラン指導の内容とは

入国審査の際に、入国審査官にビザ取得指導を受けると、パスポートの入国スタンプの横に、”O-I”と書き込まれます。

”O-I”とは、”OUT-IN”の略で、この書き込みがある人は、次の入国には、観光ビザなど正規のビザを取得しないと入国できなくなります。

タイランドエリート入会申請書DL

Translate »